イネ科の花粉飛散状況

夏の代表的な風媒花で、牧草地や道端や空き地などで普通に見られます。 イネ科の花粉症原因植物としては、オーチャードクラス(カモガヤ)、チモシー(オオアワガエリ)、イタリアンライグラスなどがありますが、いずれも花粉が類似しており飛散時期も重なることから、イネ科の植物としてまとめています。 ヨーロッパでは、イネ科の牧草が主な原因植物であり、世界最初の花粉症とされているのもイギリスで発見されたイネ科の花粉症です。

                ・チモシー(オオアワガエリ)の花の写真                ・イネ科植物の花粉の写真

ハンノキの花粉の絵
ハンノキ
シラカバの花粉の絵
シラカバ
ヨモギの花粉の絵
ヨモギ
札幌のページ 花粉情報トップ