メインコンテンツへスキップ

2016年第20週 [2016年5月16日から2016年5月22日]

|サイトマップ |お問い合わせ |

定点把握感染症(週単位報告)


データ(CSV形式)

トップへ戻る


北海道・過去5週の平均値に対する変化の度合い

インフルエンザ [定点当り 1.08 人]
咽頭結膜熱 [定点当り 0.56 人]
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 [定点当り 4.89 人]
感染性胃腸炎 [定点当り 4.07 人]
水痘 [定点当り 0.44 人]
手足口病 [定点当り 0.01 人]
伝染性紅斑 [定点当り 0.48 人]
突発性発しん [定点当り 0.31 人]
百日咳 [定点当り 0.00 人]
ヘルパンギーナ [定点当り 0.01 人]
流行性耳下腺炎 [定点当り 1.01 人]
RSウイルス感染症 [定点当り 0.18 人]
 

図.北海道の過去5週の平均値に対する変化の度合いグラフ

トップへ戻る


定点種別報告感染症

インフルエンザ定点
インフルエンザ
小児科定点
咽頭結膜熱
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎
感染性胃腸炎
水痘
手足口病
伝染性紅斑
突発性発しん
百日咳
ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎
RSウイルス感染症
眼科定点
急性出血性結膜炎
流行性角結膜炎
基幹定点
細菌性髄膜炎
無菌性髄膜炎
マイコプラズマ肺炎
クラミジア肺炎
感染性胃腸炎(病原体がロタウイルスであるものに限る。)

トップへ戻る


注意事項

2003年11月5日、法改正による届出基準の変更
乳児ボツリヌス症-4類感染症(全数把握)
「ボツリヌス症」-4類感染症(全数把握)へ変更になりました。
*2003年11月5日以前の乳児ボツリヌス症については下記「過去データ」をご覧ください。
急性ウイルス性肝炎-4類感染症(全数把握)
「ウイルス性肝炎(E型肝炎及びA型肝炎を除く)」-5類感染症(全数把握)へ変更になりました。
「A型肝炎」、「E型肝炎」は4類感染症(全数把握)に定められました。
*2003年11月5日以前の「ウィルス性肝炎」のデータにはA型肝炎、E型肝炎のデータを含みます。
急性脳炎(日本脳炎を除く)-5類感染症(定点把握)
「急性脳炎(ウエストナイル脳炎及び日本脳炎を除く)」-5類感染症(全数把握)へ変更になりました。
*2003年11月5日以前の急性脳炎(日本脳炎を除く)については下記「過去データ」をご覧ください。
2008年1月1日、法改正による届出基準の変更
麻しん(成人麻しんを除く)-5類感染症(定点把握)
「麻しん」-5類感染症(全数把握)へ変更になりました。
*2008年1月1日以前の麻しん(成人麻しんを除く)については下記「過去データ」をご覧ください。
成人麻しん-5類感染症(定点把握)
「麻しん」-5類感染症(全数把握)へ変更になりました。
*2008年1月1日以前の成人麻しんについては下記「過去データ」をご覧ください。
風しん-5類感染症(定点把握)
「風しん」-5類感染症(全数把握)へ変更になりました。
*2008年1月1日以前の風しんについては下記「過去データ」をご覧ください。
以降の届出基準変更

過去データ

詳しくはこちら»

トップへ戻る

© 2001 - 2016 Hokkaido Institute of Public Health. All rights reserved.